台所仕事と料理の知恵*せとちよ

おいしい食材や、便利で素敵なお台所用品をご紹介します。

お菓子のババロアとムースの違い

目次

「ムース」と「ババロア」の違い

卵白や生クリームを泡立てたものを自然に固めたものがムース

牛乳、卵、砂糖、ゼラチンなどを型で冷やし固めたものがババロアです

 

ムースとは

 ムースとは、もともとはフランス語で「泡」の意味です。ですから、泡立てた生クリームや卵の白身を使っているお菓子がムースです。チョコレートやフルーツのピューレなどの他の材料を混ぜ込んで作るのが一般的です。

 ムースは「泡」という言葉が象徴するように、ふんわりとした食感で、口の中で溶けていくような口当たりの良さが特徴です。

 特にゼラチンを混ぜ込んでいない場合は、自然な泡だけを固めているため、ふわっとしたクリームに近い食感になります。

 

ババロアとは

 それに対して、ババロアは主にゼラチンで冷やし固めたもののことを指します。牛乳、卵、砂糖、ゼラチンを混ぜて方に流して固めたお菓子の事を、こちらもやはり、チョコレートやフルーツピューレなどを混ぜ込んでアレンジされます。

 ムースが泡でできているため、ふんわりとした食感であるのに対して、ババロアはゼラチンを使って固めるため、もっちり、プルルンとした食感になります。

 

現在は明確に分類されてはいない

 プッチンプリンと呼ばれるカスタード味のゼリーが存在したり、牛乳ゼリーがミルクプリンと呼ばれたりする昨今では、ムースとババロアの違いも明確に分類される場面は多くないように思います。

 実際に、ムースを作る際に食感をアレンジするためにゼラチンを使うパティシエも存在します。ですから、ゼラチンや泡の有無で明確に違いを分けることはできません。

 

ババロアはお菓子のみに使われる名称

 「ムース」という言葉は泡立てたお菓子のみでなく、泡立てた料理全般に使われる言葉です。それに対して、「ババロア」は乳製品を中心に、ゼラチンで冷やし固めた冷菓のみに使う言葉です。その点に関しては明確な違いがあると言えるでしょう。